男女

専用の育毛剤を使ってコンプレックス解消|女性特有の薄毛もある

若ハゲは治せます

鏡を持つ男性

なぜ若ハゲになるのか

男性の場合、30歳を過ぎた頃からハゲ始める人がいます。彼らのことを人は若ハゲと呼んで、憐みの目で見たりします。しかし、ハゲが始まってしまった本人は、自分がハゲてしまったことだけではなく、人から憐みの目で見られていることに対してひどく傷付くのです。それでは、なぜ若ハゲになるのか説明していきましょう。男性の若ハゲのほとんどは、AGAと呼ばれる遺伝形質が原因となって発生します。AGAは、父親から直接遺伝するケースと、母親の両親のいずれかから母親を介して遺伝するケースが知られています。そして、AGAを発現させる遺伝子は、毛母細胞にダメージを与えるジヒドロテストステロンを作り出す5αリダクターゼという酵素を増加させる働きがあります。

酵素を阻害します

現在では、AGA治療薬が開発され病院で処方してもらうことができます。この治療薬はジヒドロテストステロンを作る酵素を阻害します。これにより、毛母細胞は再び活発に動き出し、まだ抜けていない髪の毛に対しては再び栄養を供給することができるようになります。また、髪の毛が抜けてしまった場合でも新しい髪の毛を産み出すことができるようになるのです。AGA治療薬は処方せん医薬品ですから、本来は病院で処方してもらうべき薬ですが、健康保険が使えないために通常の薬よりも割高になります。そこで、薬の個人輸入に注目が集まっているのです。今では、インターネットに代行サイトがあり簡単に取引ができる上、海外のジェネリックを輸入すればさらに安い価格で入手することができるのです。

Copyright© 2016 専用の育毛剤を使ってコンプレックス解消|女性特有の薄毛もある All Rights Reserved.